« SAN vs. NAS: 2つの分散型ストレージ・アーキテクチャ... | トップページ | 余ったお金をより安全に管理するにはどうしたらいいですか? »

2021年8月24日 (火)

保守業者を雇う前に、リフト担当者はどのような重要事項を考慮する必要がありますか?

Fotojet-38

リフトの担当者は、請負業者の経歴、規模、会社の管理、必要な技術に関する十分な知識(特に、リフトの関連ブランドとモデルの保守と修理の経験)、主要なスペアパーツの保管、および推定保守作業。所要時間や緊急対応能力などの多くの要因、および定期的に部門が発行する「登録リフト請負業者のパフォーマンス評価」への参照。エレベータの担当者は、電機工程価格とサービス品質を比較検討した上で、オペレーターと合意に達し、適切な決定を下すものとします。

リフトの担当者がユーザーからリフトの操作に関する苦情を受けた場合、どのような措置を取る必要がありますか?

リフトの担当者は、できるだけ早く関連する請負業者に検査結果を通知し、ユーザーに通知する必要があります。問題や機能的な問題に対処しないでください。

リフトの担当者がユーザーからリフトが「急に落ちた」というクレームを受け取った場合、どのような行動を取るべきですか?

エレベータの担当者は、できるだけ早く関係請負業者に通知し、エレベータを検査する担当者を派遣し、監視カメラの記録に基づいて事件について知ることができます。請負業者が問題の原因を確認した後、エレベータのオペレーターはユーザーに関連する状況を説明するものとします。たとえば、エレベータが故障すると、安全システムが自動的にエレベータを起動および停止し、乗客に揺れを感じさせます。フロア信号のみが失敗した場合、エレベータは通常、通常の走行速度を変更し、低速で走行します。適切な階に達すると、ドアが開いて乗客が降りることができるため、乗客は圧倒される可能性があります。

エレベーターの所有者と保守請負業者は、契約上の問題が発生した場合、どうすればよいですか?

エレベータの担当者は、可能な限り連絡を通じて請負業者と合意に達するものとし、参考のために法律上の助言を求めることもできます。ただし、エレベータの定期的な保守と安全な運用は、関連する規制に違反しないように、契約紛争の影響を受けてはなりません。

リフト業者が保険会社との契約を終了した場合、適切な手配をするにはどうすればよいですか?

エレベータの担当者は、請負業者と正式な終了日を明確に交渉し、新しい請負業者を雇ってできるだけ早く引き継ぎ、法的要件に従ってエレベータの定期的な保守と検査を実施して、エレベータおよび関連するすべての機器または機械は、通常の保守および安全運転を維持します。契約終了後に新しい保守請負業者を雇用していない場合は、直ちにリフトサービスの提供を停止する必要があります。

エレベータの担当者が、エレベータの設置が明らかに老朽化していることに気付いた場合はどうなりますか?

リフトの担当者は、できるだけ早く登録業者と総合検査を行い、改善が必要な項目を特定し、リフトの改善や交換の計画についてオーナーと積極的に話し合う必要があります。必要に応じて、より専門的なアドバイスを提供するために、独立したコンサルタントまたは他の登録請負業者を雇うことを検討してください。

関連記事:

第2レベルのコンストラクターの登録プロセスは何ですか?

環境保護業界の全体的な傾向は強気です

担当者のよくある質問

« SAN vs. NAS: 2つの分散型ストレージ・アーキテクチャ... | トップページ | 余ったお金をより安全に管理するにはどうしたらいいですか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SAN vs. NAS: 2つの分散型ストレージ・アーキテクチャ... | トップページ | 余ったお金をより安全に管理するにはどうしたらいいですか? »